トップページ > アメリカの海外旅行保険

アメリカ×損保ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜の新・海外旅行保険【off!(オフ)】では、アメリカへ渡航される皆様を補償します。

アメリカへ向けてご自宅を出発した時点から、アメリカ渡航中、ご帰宅までを保険期間としてお客様の疾病やケガによる治療費や、携行品の損害、パスポートの盗難、飛行機の遅延等でかかった費用を補償いたします。
 ⇒補償内容の詳細はこちら

万が一の時はご自身だけでなく、ご家族等も金銭的負担を強いられるケースもありますので、アメリカへ渡航の際は損保ジャパン日本興亜のoff!にお申込みのうえ、お出かけください。

プランは損保ジャパン日本興亜がお勧めするセットプランの、 個人プラン / カップルプラン / ファミリープラン の3つと、補償内容を任意で選択できる上級者向け オーダーメイドプラン からお選びいただけます。

カップルプラン、ファミリープランは、ご家族単位でのご旅行で、全員の旅行行程が同じ場合に、同行されるご家族を1保険契約証でお引き受けします。ご家族の範囲は、次の(1)~(3)までです。

(1)ご本人の配偶者
  (ご本人と新婚旅行後に婚姻の届出を行う方を含みます)
(2)ご本人または配偶者と生計を共にされる同居のご親族
(3)ご本人または配偶者と生計を共にされる別居の未婚のお子様
  (仕送りを受けている学生のお子様など)

トップへ戻る

アメリカの海外旅行保険 個人プランの補償と保険料

新・海外旅行保険【off!(オフ)】 のアメリカ、個人での補償内容、保険料をご確認いただけます。

渡航先

アメリカ

人数

1人

目的

日数

表示の保険料は17年12月31日までの保険料です。
現行の保険料はお申込みページよりご確認ください。

契約タイプ PAタイプ PBタイプ PCタイプ
保険料 \-,--- アメリカ7日 ¥3,260
アメリカ10日 ¥4,240
アメリカ7日 ¥4,070
アメリカ10日 ¥5,290
傷害死亡・後遺障害 1,000万円 2,000万円 3,000万円
治療費用 1,000万円 1,500万円 2,000万円
疾病死亡 1,000万円 2,000万円 3,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 30万円 50万円
救援者費用 1,000万円 1,500万円 2,000万円
航空機寄託手荷物
遅延等費用
10万円 10万円 10万円

出発日前日、または当日のお申込みでは付帯できませんが、
それ以前のご契約の場合は以下のオプションが追加できます。(保険料別途)

航空機遅延費用 2万円 2万円 2万円
トップへ戻る

アメリカの海外旅行保険 カップルプランの補償と保険料

新・海外旅行保険【off!(オフ)】 のアメリカ、カップルでの補償内容、保険料をご確認いただけます。

渡航先

アメリカ

人数

2人

目的

日数

表示の保険料は17年12月31日までの保険料です。
現行の保険料はお申込みページよりご確認ください。

契約タイプ CDタイプ CEタイプ CFタイプ
保険料 アメリカ7日 ¥4,170
アメリカ10日 ¥5,840
\-,--- アメリカ7日 ¥5,100
アメリカ10日 ¥7,120
傷害死亡・後遺障害
(1人につき)
500万円 1,000万円 1,000万円
治療費用
(1人につき)
1,000万円 1,500万円 2,000万円
疾病死亡
(1人につき)
500万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任(2人分) 1億円 1億円 1億円
携行品損害(2人分) 30万円 50万円 70万円
救援者費用(2人分) 1,000万円 1,500万円 2,000万円
航空機寄託手荷物
遅延等費用(2人分)
10万円 10万円 10万円

※携行品損害の保険金額が30万円を超える契約の場合、盗難・強盗および航空会社等寄託手荷物不着による保険金の支払限度額は30万円となります。

出発日前日、または当日のお申込みでは付帯できませんが、それ以前のご契約の場合は以下のオプションが追加できます。(保険料別途)

航空機遅延費用 2万円(1人につき) 2万円(1人につき) 2万円(1人につき)
トップへ戻る

アメリカの海外旅行保険 ファミリープランの補償と保険料

新・海外旅行保険【off!(オフ)】 のアメリカ、ファミリーでの補償内容、保険料をご確認いただけます。

渡航先

アメリカ

人数

目的

日数

表示の保険料は17年12月31日までの保険料です。
現行の保険料はお申込みページよりご確認ください。

契約タイプ FDタイプ FEタイプ FFタイプ
保険料 お申込みページより
ご確認ください。
\-,--- お申込みページより
ご確認ください。
  本人 家族 本人 家族 本人 家族
傷害死亡・後遺障害
(1人につき)
500万円 500万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
治療費用
(1人につき)
1,000万円 1,000万円 1,500万円 1,500万円 2,000万円 2,000万円
疾病死亡
(1人につき)
500万円 500万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任(2人分) 1億円 1億円 1億円
携行品損害(2人分) 30万円 50万円 70万円
救援者費用(2人分) 1,000万円 1,500万円 2,000万円
航空機寄託手荷物
遅延等費用(2人分)
10万円 10万円 10万円

※携行品損害の保険金額が30万円を超える契約の場合、盗難・強盗および航空会社等寄託手荷物不着による保険金の支払限度額は30万円となります。

出発日前日、または当日のお申込みでは付帯できませんが、それ以前のご契約の場合は以下のオプションが追加できます。(保険料別途)

航空機遅延費用 2万円(1人につき) 2万円(1人につき) 2万円(1人につき)
トップへ戻る

アメリカの海外旅行保険 オーダーメイドプランについて

渡航先のリスクや旅行される方の求める内容にあわせて、損保ジャパン日本興亜の新・海外旅行保険【off!(オフ)】は、自由に補償を組み合わせることができます。
「他に生命保険に入っているから死亡保障はなくてもいいけれど、治療費用や救援費用はいざというときのためにしっかりと確保しておきたい。」 「バックパッカーのような身軽で貴重品も最小限の旅だから携行品損害はなくてもいいや。」 そんなお客様のご要望にお応えします。

ご注意ください。
※オーダーメイドプランは、個人でのお申込み時のみ可能です。
※カップルプラン、ファミリープランでもお申込み時は3種のセットプランからお選びください。

傷害死亡・後遺障害 ナシ
治療費用 1,000万円
疾病死亡 ナシ
賠償責任 3,000万円
携行品損害 ナシ
救援者費用 ナシ
航空機寄託手荷物遅延等費用 ナシ
上記の補償内容で、
アメリカ / 7日間の保険料
1,410円
トップへ戻る

アメリカでの保険金支払い事例

国・地域 内容 保険金給付例
アメリカ 日本からシアトル経由でミネアポリスに到着したが、荷物が出てこず、3日後に滞在先である友人宅へ届けられた。簡単な洋服、下着、靴下、サンダル、水着(荷物に入っていた)を購入。 航空機寄託手荷物遅延費用
約3万円
アメリカ 旅行中、地下鉄に乗車する際、降車する人から、すれ違いざまにバッグごとひったくられた。被害品はバッグとその中身一式。 携行品損害
約15万円
アメリカ ホテルの部屋のスプリンクラーを作動させてしまい、部屋を水浸しにしてしまった。階下にも影響が出た。 賠償責任
約1,371万円
アメリカ お風呂場で転倒し、首と胸を強打する。(海外入院期間:なし) 傷害治療費用
約180万円
アメリカ 現地で帰国のため空港へ向かおうとした際に突然倒れ、意識がない状態となったため往診医を手配。往診医の判断により救急車で病院に搬送、即日入院となる。 疾病治療費用/入院一時金
約219万円
アメリカ 自動車を運転中、誤って中央分離帯に乗り上げ標識に激突。緊急医療施設に運ばれ各種検査を施される。脳震盪と診断される。その後の入通院はなし。(海外入院期間:なし) 傷害治療費用
約214万円
アメリカ 友人の運転する自動車に搭乗中、車が道路を外れ回転し、受傷する。右手を骨折し、ボルト固定手術。(海外入院期間:5日間) 傷害治療費用
約229万円
アメリカ 腰痛が治まらずアージェントケアクリニックで治療を受けたが、その後も腰痛が治まらず発熱が続く。再度、総合病院で治療を受けたところ盲腸破裂が確認され緊急手術の後、入院となる。(海外入院期間:8日間) 疾病治療費用
約241万円
アメリカ 滞在中、吐き気と腹痛を訴え、受診したところ、急性虫垂炎と診断される。3日間入院のうえ、手術を行う。(海外入院生活:3日間) 疾病治療費用
約311万円
アメリカ 被保険者の搭乗していた信号待ちの車に大型トレーラーがぶつかり頭部強打。現地入院後、医師と看護師の付き添いによるストレッチャー搬送にて帰国。(海外入院期間:23日間) 傷害治療費用/救援者費用
748万円
アメリカ 帰国の搭乗直前にロスの空港でめまいの症状があり救急搬送 右小脳出血 アメリカ→日本 ビジネスクラス・ドクター・ナース同行の医療搬送帰国。(海外入院期間:17日間) 疾病治療費用/救援者費用
約1,341万円
アメリカ 海水浴中、溺れて意識を失い、ICUに入院。約1ヶ月入院後、看護師付き添いのもとプライベートジェット機にて日本まで搬送。(海外入院期間:1ヶ月間) 傷害治療費用/救援者費用
1,700万円
アメリカ 頭痛で受診したところ脳出血と診断、医師・看護士付き添いにて医療搬送帰国。(海外入院期間:14日間) 疾病治療費用/救援者費用
約2,029万円

アメリカ渡航便利情報

アメリカ基本情報!
国・地域名 アメリカ合衆国 50の州と1つの地区、そのほかプエルトリコやグアムなどの海外領土からなる国家
都市 主都はワシントン。一番多い人口を誇る都市はニューヨーク
通貨 USドル
三井住友銀行の外貨両替・宅配 USドル
時間帯 アメリカ本土では4つの時間帯(東から順に、東部標準時UTC-5、中部標準時UTC-6、山岳部標準時UTC-7、太平洋標準時UTC-8)
日本との時差 日本との時差は、東部標準時で-14時間。太平洋標準時で-17時間。サマータイム期はそれぞれ時差が1時間少なくなる。
アメリカ用のwifiについて アメリカ主要都市ではフリーWiFiスポットが数多くありますが、利便性や安全性を考えるとアメリカ用のWiFiルーターのレンタルがおすすめです。
アメリカ用Wi-Fiルーターのレンタル比較